本文へスキップ

ケアマネージャー・介護支援専門員試験の受験対策・問題集の制作を専門とするショップです。

ケアマネージャーとはshop info

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは

 ケアマネージャーは新興の資格です。資格として成り立ったのは2000年に介護保険法が導入された事によります。

 介護保険制度における介護を必要とする人に対して、心身の状態や様々な周辺状況なども考慮したうえで、最も適切な介護サービス計画を立て、その人に最も適した介護が受けられるようにしていくのが主な仕事となっています。今ではすっかり浸透した介護保険制度はケアマネージャーなしでは成立しない制度であり、高齢化社会の現代日本において、もはやケアマネージャーはなくてはならない役割を担うようになったのです。

 仕事内容をより具体的に挙げるならば、介護を必要とする人から依頼を受けて、その人の健康状態や家族などの状況、または在宅で介護を受けるか施設で介護を受けるか、などの様々なことを考慮して、介護サービス計画を作成します。そしてその計画が円滑に行われるように、介護を日常的に行う人や期間と連絡をとりながら管理していくのです。

 主な業務を列記するならば、

・介護を受ける人にどのような介護を施すかを考えること

・介護サービス計画の作成

・介護サービスの担当者との話し合い

・介護サービス計画が継続して円滑に行われるための管理・調整

・介護支援サービスを記録する事

などとなります。

 今後益々需要がますであろうケアマネージャーは、将来有望な資格と言うことが出来ますが、これを取得するためには試験を受けて合格する必要があります。

 そのために効率的に学習していくに当たっては、過去問を根拠として作成された予想問題集を使っての学習が最も適当といえます。今年度の傾向を把握しながら学習を進めて行く事によって、短時間で得点を伸ばしていくための学習を行う事ができます。

 予想問題集を十分に行ったならば、それだけでもある程度は十分といえます。しかし余力があるならば、他の過去問集や問題集を行うことで予備知識をつけていくといいでしょう。他の認定資格よりも比較的問題集なども流通しているので、学習はしやすいと思います。

ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの仕事について

ケアマネNEWS